銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)

銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)2018年9月、銀座に本店がオープンした食パン専門店「に志かわ」。
昨今の高級食パンブームもあり、メディアに取り上げられることが多く、行列を作る人気のパン屋さんです。

銀座に志かわ   水にこだわる高級食パン
公式サイト https://www.ginza-nishikawa.co.jp所在地: 〒104-0061 銀座本店東京都中央区銀座1丁目27-12 キャビネットビル 1F
時間: 10:00~18:00(売り切れ次第終了)不定休
電話: 03-6263-2400

自分の職場が銀座で会社から近いということもあり、食パンの耳を食べる事を頑なに拒否する我家の娘でも「このパンなら食べるやろっ!」と意気込んで『に志かわの食パン』をGET。
さっそく開封していきたいと思います。

スポンサーリンク

銀座に志かわ(にしかわ)の食パン

銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)

まず袋が違いますね。

焼きたてのパンは非常に柔らかいので形が崩れないようにしっかりとした袋を使っているそうです。
気品溢れるデザインですから、ちょっとした手土産やプレゼントにもバッチリ。

銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)

食パンの状態にもこだわりを感じることができます。

銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)

 

に志かわの食パンは、最高級のカナダ産小麦粉の素材にはちみつと生クリーム、バターを使用しています。

さらに、銀座に志かわのパンの仕込み水は素材の良さを引き出すと言われているアルカリイオン水。それも天然水よりもPh値を高め、各種ミネラルバランスを添加したアルカリイオン水を使用することで絹のようにしっとりした耳、淡雪のような口どけのほんのり甘い食パンにっているそうです。

銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)

食パンの切り口はしっとり、ふわふわ。

銀座に志かわ(にしかわ)おすすめの食パンの食べ方

パンの手提げ袋に同封されていたDMや公式サイトに、おすすめの食べ方が記載されています。

銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)

●美味しく食べる作法

当店の食パンは、生で何も付けずにお召し上がりください。
1日目は焼きたてならではの香りと繊細な食感。
2日目はしっとり落ち着き、甘みが増します。
3日目はトーストすると外はカリカリ、中はモチモチ。

上記の全てを試した結果、生で何も付けないで食べるのが一番好みでした。
食パンそのものの、味と甘みを感じる事ができたからです。

さっぱりとした甘みが特徴なので、志かわ(にしかわ)の謳い文句である『ワインとチーズにもきんぴらごぼうにもよく合うんです』には納得。

銀座に志かわ(にしかわ)のメニューと値段

1本(2斤)864円(税込み)
予約なしだとお1人様2斤の食パン2本までの購入制限があります。

銀座に志かわ(にしかわ)の行列・混雑状況は?

気になる混雑状況ですが、行列ができやすい時間帯はズバリ開店時間の10:00前後です。
それ以外は然程行列にはなりませんが、閉店時間近くに行ったりすると完売している可能性があります。
※TVとかで放映された翌日はヤバいです。

しかし、常連さんやお近くにお住まいの方ならわかると思うのですが、に志かわ(にしかわ)で食パンを買う為に絶対に並んだりしません。
それは電話で予約して取り置きが出来るからです。

確実に買いたい場合は、電話で予約して取り置きしてもらいましょう。

しかも電話予約なら2本以上買えます。
予約なしだとお1人様2斤の食パン2本までの購入制限があります。

銀座の食パン専門店、銀座に志かわ(にしかわ)

そんな、水にこだわり美味しい銀座に志かわ(にしかわ)の食パンですから、普段食パンの耳を食べない我家の娘も耳までしっかり食べてくれました。

コメント